受験生におすすめの情報源となります

参考書を選ぶうえでの基準と勉強法

"勉強に求められること。 それは一言で纏めると、反復学習にあると私は思います。 参考書を選ぶ上で重要視するのは、まさにそこにあります。 基礎を学べる説明に加え、何度も繰り返して挑むことの出来る問題が付いていること。 これが私が参考書を選ぶ基準となります。 そこから問題の質、バランスの良い説明という面・・・

参考書を選ぶうえでの基準と勉強法の続きを読む>

参考書の選び方

" 私が学生時代に心がけていた参考書の選び方をお教えしましょう。あんまり分厚すぎないことです。多くとも300ページぐらいまでがいいですね。  というのは、あんまり量が多すぎると復習がてらに何回も見ることができないからなんです。普通の人間は、一回さらっただけで物事を憶えることはできません。有名なエビン・・・

参考書の選び方の続きを読む>

おすすめの参考書の選び方

"私がおすすめする参考書の選び方というのは、初心者向けの薄い参考書を購入するということです。これは、まず1冊をしっかりと最後まで読み、一通り理解するということを重視しているからです。 せっかく購入するのだからと、いろいろなことが詳しく載っている参考書を選びたくなりますが、そうするとどうしても分厚いも・・・

おすすめの参考書の選び方の続きを読む>

参考書の選び方について

参考書は、学習をおこなう上で必要なものであるが、これは、大学等を例に挙げると、レポートを作成するときや論文を作成するときなどの一定の目的のために参考にする書物のことであるということができる。これについては、シンプルなものから複雑難解なものまで多くの種類が存在するわけであるが、まず、何も解らないところ・・・

参考書の選び方についての続きを読む>

五感を使って参考書で勉強する

" 最近の参考書は昔と違って、目に楽しいものが多いですよね。 多色刷りで図表も多く、中には絵ばかりで文章の少ないものや、アニメで見るようなかわいらしいキャラクターが解説してくれるものさえあります。  物事を覚えるには、五感を刺激することが重要ですから、勉強する上でこういった戦略を取ることは正しいと思・・・

五感を使って参考書で勉強するの続きを読む>

参考書はカラーで派手なものと問題集を買いました

勉強する時に私は選ぶ参考書は、なるべくカラーで派手でわかりやすい参考書を選ぶようにしています。白黒だけの地味な参考書もありますが、見ているだけで眠くなります。カラー写真を使ってあるちょっと漫画チックな参考書が好きでしたね。ただ、問題集は白黒印刷の地味なものを選んでいました。試験が白黒でしたので慣れる・・・

参考書はカラーで派手なものと問題集を買いましたの続きを読む>

受験対策で必須アイテムの参考書の選び方

高校卒業後は大学に進学したいと思っていたので、受験勉強は人生で一番勉強に時間を費やしたと思います。受験勉強をする上で、参考書は欠かすことが出来ない物でした。参考書は書店で購入したのですが、各出版会社から様々な参考書が発売されていたので購入するときに迷いました。とりあえず、分厚い参考書を何冊か購入した・・・

受験対策で必須アイテムの参考書の選び方の続きを読む>

個人的に正解だったと思う参考書の選び方について

"これは私が大学受験を受けるために、浪人生になった時のことです。 その当時は予備校にも通っていたため、その予備校のテキストを中心に勉強していけば良かったのですが、その勉強をサポートするアドバイサーのような方から、できればテキスト以外にも何か参考書をやっておいたほうが良いということで、その参考書を探す・・・

個人的に正解だったと思う参考書の選び方についての続きを読む>

参考書などはとても良い

参考書などはとても受験などには欠かせないようなことなどがたくさんありますので、書店でしっかりと調べられるようにしてみるといったことなどがとても必要になってくるでしょうから、そうしたことなどをしっかりとレクチャーしてくれるような本などはとてもわかりやすいといったことなどがあるので、そうしたものなどを進・・・

参考書などはとても良いの続きを読む>

オススメの参考書

"私が大学受験のときによく活用していたのが数学の参考書です。私は大学の二次試験用の参考書と、センター試験対策用の参考書2冊持っていました。今の時期にこなしておくべき参考書は、二次対策用ではなく、センター試験対策用です。私が大学の二次対策の参考書だけでなく、センター試験対策用の参考書も買った理由は、セ・・・

オススメの参考書の続きを読む>

使い終わった参考書は

使い終わった参考書、受験生のみなさんは捨ててしまうのでしょうか。 もう使う必要のなくなった参考書の使い道はないと思ってないでしょうか。 そんなことありません! 使い終わった参考書などは捨てないで、一度買取査定をしてもらいましょう。 あきらめていた参考書の買取・査定は「学参ブックス」でしてもらえます。・・・

使い終わった参考書はの続きを読む>

■提携サイト紹介
参考書・赤本などを買取している提携サイトです。不要になった参考書の処分にご利用ください。