トップページ > 参考書を選ぶうえでの基準と勉強法

参考書を選ぶうえでの基準と勉強法

"勉強に求められること。
それは一言で纏めると、反復学習にあると私は思います。

参考書を選ぶ上で重要視するのは、まさにそこにあります。
基礎を学べる説明に加え、何度も繰り返して挑むことの出来る問題が付いていること。
これが私が参考書を選ぶ基準となります。

そこから問題の質、バランスの良い説明という面を吟味し購入します。

そして、勉強の仕方についても工夫があります。
何度も繰り返し問題を解く上で、問題集に直接答えを書き込むなど言語道断。
学生の頃には、学校指定の参考書に答えを書いておく友人が多くいましたが、そんなことをしてはせっかく購入した参考書が、次からは問題として使用することが出来ません。

なので、私は参考書の問題の部分をコピーします。
そして力試しとして問題を解き、自分の理解度を試します。

間違えたところは答えを確認して完璧になるように取り組みます。

その後もう一度、と問題に繰り返し挑むのです。
単純な手かもしれませんが、基本ながらも大切なことであると私は思います。

やはり勉強は質も大切ですが、まず量です。

それをこなす為の参考書は何度も繰り返せるくらいのバリエーションがないといけません。

勉強に近道は無いですが、やった分結果が表れると思います。

この文章が少しでも、自分に合う参考書を選び出すのに役立てていただければ光栄です。"


関連の記事一覧
参考書を選ぶうえでの基準と勉強法
参考書の選び方
おすすめの参考書の選び方
参考書の選び方について
五感を使って参考書で勉強する
参考書はカラーで派手なものと問題集を買いました
受験対策で必須アイテムの参考書の選び方
個人的に正解だったと思う参考書の選び方について
参考書などはとても良い
オススメの参考書
使い終わった参考書は