トップページ > 参考書の選び方について

参考書の選び方について

参考書は、学習をおこなう上で必要なものであるが、これは、大学等を例に挙げると、レポートを作成するときや論文を作成するときなどの一定の目的のために参考にする書物のことであるということができる。これについては、シンプルなものから複雑難解なものまで多くの種類が存在するわけであるが、まず、何も解らないところから出発してレポートを満足に書くことはできないので、始めは分かりやすいシンプルなものを選ぶのが良い。そこでの判別方法は、目次や索引がついたテキストならば、そこをまず確認し、そこから、まずは目次で全体の流れを読み取り、索引から抜き取り式に幾つか調べてみて分かりやすく書かれているかを確認する。また、前書きなどが書かれている場合は、その前書きで自分の目的と著者の目的が合致しているかを確認するということも重要である。ただ、それでも、著者によって表現が異なるため、読者にとって分かりやすいものであるか確認する必要があるといえる。そのため、参考テキストは、その一つだけといった選び方ではなく、多くの参考書にあたってみるということも必要であるといえる。そうすると、自ずと自分に合ったテキストが見えてくるようになるものであると考えられる。


関連の記事一覧
参考書を選ぶうえでの基準と勉強法
参考書の選び方
おすすめの参考書の選び方
参考書の選び方について
五感を使って参考書で勉強する
参考書はカラーで派手なものと問題集を買いました
受験対策で必須アイテムの参考書の選び方
個人的に正解だったと思う参考書の選び方について
参考書などはとても良い
オススメの参考書
使い終わった参考書は