トップページ > 個人的に正解だったと思う参考書の選び方について

個人的に正解だったと思う参考書の選び方について

"これは私が大学受験を受けるために、浪人生になった時のことです。

その当時は予備校にも通っていたため、その予備校のテキストを中心に勉強していけば良かったのですが、その勉強をサポートするアドバイサーのような方から、できればテキスト以外にも何か参考書をやっておいたほうが良いということで、その参考書を探すことになりました。

それで参考書を買いに書店に行くことになったのですが、ひとつの科目の参考書にしてもたくさんあるわけですね。

はっきりいってどれを選んでいいのか分かりませんでした。

それで色々と迷っているうちに、受験を攻略するというような内容の本がありました。

その本によると具体的に参考書の選択について書かれており、どのようなタイミングで指定の参考書をやって、いついつまでに終わらして次の指定の参考書に取り掛かるかなど、1年を通して参考書選びからかなり明確に指南しているのです。

著書が東大卒というようなこともあって、早速その通りに指定された参考書を指定されたタイミングでやっていきました。

そうすればあれだけ停滞していた偏差値も見事に上がり、志望校にも合格することができました。

予備校のテキストも役に立ちましたが、この指南書も個人的にはかなり役に立ちました。


"


関連の記事一覧
参考書を選ぶうえでの基準と勉強法
参考書の選び方
おすすめの参考書の選び方
参考書の選び方について
五感を使って参考書で勉強する
参考書はカラーで派手なものと問題集を買いました
受験対策で必須アイテムの参考書の選び方
個人的に正解だったと思う参考書の選び方について
参考書などはとても良い
オススメの参考書
使い終わった参考書は